外壁を洗浄するにはどうしたらいいの?

外壁を洗浄するにはどうしたらいいの?

外壁を洗浄するにはどうしたらいいの?

外壁を洗浄するには、高圧洗浄機などがあったほうが便利ですが、壁を傷つけるような洗浄をすると塗装もしにくくなってしまいます。水を使って洗浄した後は乾燥が必要な場合もあるので無理に洗浄せず、プロに聞いて確認してから試してみてください。

 

外壁洗浄は意外と簡単

一般家庭の外壁を掃除するだけならば、濡れた雑巾で服だけで基本はOKです。洗剤を使用してごしごし洗ってしまうと元々付いている塗装が取れてしまうため、あまり良くありません。

 

また、高圧洗浄機を使用してカビやよごれを取る場合も、外壁が剥がれ落ちるほどの勢いでやってしまうと、壁の補修から始めなければいけなくなるため、作業が増えて結局費用も多くかかるようになってしまいます。

 

外壁洗浄は雑巾で地道に掃除するのが一番ですが、脚立やはしごがないと掃除しにくいので、怪我や壁の傷つきには注意が必要です。

 

カビや苔、サビを取る方法

こびりついてしまっているカビや苔のような汚れを取るためには、洗剤とたわしなどかなり気合いを入れた洗浄が必要ですが、高圧洗浄機があれば作業は一瞬で終わります。外壁に生えてしまった苔は見た目が悪いだけでなく、雰囲気が暗く見えるので防犯上も良くないと言われます。

 

できるだけ苔やカビが生える前に洗浄するのが一番です。あまり外壁をこすりたくない場合は専用の洗剤を壁に噴射した後、しばらく放置してから水で洗い流すのが無難です。たいていの外壁は水をかけたくらいではカビが生えたりはしないため、しっかりカビを殺菌できる洗剤を使用して周囲のカビコロニーから根こそぎ洗浄してしまいましょう。

 

漂白剤や研磨剤は使わないで

クレンザーや漂白剤は外壁掃除には使用しないようにしましょう。塗装を根こそぎ落としてしまう恐れがあり、洗い流したあとのクレンザーが敷地内で別の問題を起こす可能性もあります。

 

研磨剤で削ってしまえばカビや苔はその時はとれますが、その後、傷つけた部分からさらに外壁の劣化や汚れが広がっていきますので、結果的に修繕費用や外壁塗装費用が高くついてしまいます。水を使って洗浄した後は、きちんと乾燥する必要があり、洗浄作業は晴れている日に行うのがベストです。

 

まとめ

外壁洗浄をするには高圧洗浄機を使用するのが一番ですが、水と洗剤で時間をかけて洗い流すこともできます。手間と時間がかかるのは仕方がないのでお金をかけたくない場合は個人でやってみるのもよいでしょう。

比較ページへのリンク画像