外壁の役目と外壁塗装のメリット

外壁の役目と外壁塗装のメリット

外壁の役目と外壁塗装のメリット

外壁には家を守るという役目と断熱、風雨や直射日光から家の中、壁の中の素材を守る役目があります。こうした役目は生活を快適にするのに欠かせないものなので、外壁塗装もきちんと意識したほうが良いです。

 

外壁の役目と大切さ

家の外壁には、まず、家を守るという役目があり、直射日光、風雨の影響を減らして、快適な生活を送れるようにしてくれます。雨の日には、家の壁面にも水が跳ねるため、きちんとした外壁になっていないと、それだけで壁の横から水がしみ込んできて、家の中が湿気で一杯になったり、結露で壁がすぐに悪くなったりしてしまいます。

 

時には通気性が大切になりますが、外壁塗装が結露を起こしにくいものであれば、壁の中が湿気でだめになったり、カビが生えたりしないため、より長く快適な生活を送れます。外壁がなければ温かく、暑さと寒さをしのぐことができないので、塗料とその性質、役目を意識して希望する暮らしに合わせた塗装を選びましょう

 

外壁塗装の魅力とメリット

外壁塗装がきれいにできていると、家の外観がいつでもきれいになり、周囲に住んでいる方にも恥ずかしくない家のデザインを維持できます。経年変化で外壁の色あせが出てくると、どうしてもみすぼらしい雰囲気になってしまって悲しい感じになります。

 

最もそうした雰囲気が影響するのが家を転売したり、売却したりする場合で、家の雰囲気が悪いとそれだけで家の売却価格が下がってしまうため、外壁塗装を家の管理やメンテナンスとしてきちんとしておけば、売却額や家の価値を下げずに一定の価値を維持できるはずです。

 

外壁塗装には断熱塗料もある

外壁塗装で使用する塗料にも幾つか種類があり、断熱塗料、遮光塗料など紫外線に強いものや、断熱材代わりになるような塗料もあります。防水や防音の効果が多少得られるような塗料もあるため、少しお金がかかってしまっても副効果が得られる塗料を使えれば、快適で過ごしやすい生活が簡単に実現できるでしょう。

 

光触媒塗料というものは、いわゆる次世代の塗料といわれており、日光と雨の水で常に壁をきれいに保ち、環境にも優しい壁と言われています。こうした新しい塗料を選べば、生活はより充実した物になるでしょう。

 

まとめ

外壁塗装もその塗料を選ぶことで快適で過ごしやすい生活を送れるようになります。最も利用例が多いのはシリコン系の塗料で、お金に余裕がある方は光触媒塗料を選んでも良いでしょう。

比較ページへのリンク画像