外壁塗装をしないで放置するとどうなる?

外壁塗装をしないで放置するとどうなる?

外壁塗装をしないで放置するとどうなる?

一戸建ての外壁塗装は劣化した後にもそのまま放置していると壁の内側や外側からカビやコケ、虫が広がってきてしまい、最終的に家の中まで侵食されます。害虫の侵入や室温、隙間風の問題などが出てくるため、問題がなくてもメンテナンスを心がけておきましょう

 

外壁塗装のカビに気をつけて

外壁にカビが生える場合、既に壁の仲間でカビが生えている可能性があります。このカビは、アレルゲンのリスクもあり、時にくしゃみやせき、ぜんそくの原因になってしまうので、カビが生えている場合はその原因から排除する必要があります。

 

外壁のカビの要因が環境要因なのか、壁の中身からカビが生えてきているのかで対策のとり方も変わってきますので、早めに外壁塗装のプロに相談してどんな問題があるのか見つけましょう。

 

カビだけでなく、コケも胞子を飛ばして増殖するので早めに掃除をしないとどんどんコケ、カビは広がっていってしまいます。外壁塗装をする場合は、塗装後にカビやコケが生えにくい抗菌作用が期待できる塗料を選びましょう。

 

家の外観が汚らしくなる

長く住んでいると気づきにくいですが、家の外壁が汚れているのは訪問客や宅配便の人には一発で分かってしまいます。遠目に見ると色あせ、変色の差がはっきりと分かるので、色の変化がひどい場合は早めに外壁塗装を依頼して、外観の汚さを解消しましょう。

 

あまり家が汚い状態だと、空き巣や泥棒などに狙われやすくなる可能性もあるので、セキュリティのことも考えて外壁塗装をしておいたほうが良いです。予算が足りない時に無理に塗装する必要はないですが、家の庭や家のそばに気をかけていないと思われると防犯上よくないので常に外壁はきれいに保てるようにしてください。

 

家の劣化が進んでしまう

外壁が劣化し始めるタイミングは屋根や壁の中の防カビ剤、防湿剤なども劣化している可能性があることを意味します。そのため、外壁塗装しないといけない状態になったら、プロの診断と点検を通して、それ以上外壁が劣化してしまわないようにしましょう。

 

外壁の劣化で断熱効果や遮熱効果が減ってしまうため、冬の気温低下も激しくなって快適な暮らしから遠ざかってしまうこともあります。

 

まとめ

外壁塗装が劣化してきていると、どんどんカビや腐敗、コケが増えてしまうので早めに塗装をして、それ以上ひどくならないように注意しましょう。外壁塗装は決して安い価格でできるわけではないので、早めに劣化に気づいて修繕や修理を計画的に行ってください。

比較ページへのリンク画像