古民家の外壁塗装にかかる費用相場

古民家の外壁塗装にかかる費用相場

古民家の外壁塗装にかかる費用相場

古民家や少し古い家の外壁はかなり剥がれてしまっていることが多く、基礎から修繕し直す必要があることも多いです。古民家の場合は塗装費用よりも修繕費用がかかるため、予算を多めに用意しておきましょう。

 

古民家の外壁は修繕からすべき

古民家は、基本的にあちこち傷んできていることが多いため、外壁塗装をする前に壁の修理から始める必要があります。壁の内側や塗装する前の壁が壊れていると塗装を施してもその役目が果たされず、すぐに塗装が取れてしまいます。

 

外壁がだめになっている場合は、既に雨漏りや害虫の侵入が起きてしまっていることも多いため、細かいところまでプロの業者にチェックしてもらってから施工していきましょう。リノベーションを兼ねている場合は、できるだけ自分で工事をしたほうが出費を抑えられますが、最後の外壁塗装だけはプロに任せたほうが安全です。

 

特に2階部分、屋根塗装は素人には難しいため、お金を払ってでもプロに任せるようが安全です。

 

塗料に制限があるかも

古民家の雰囲気を大切にしたい場合は、塗料に制限があるため、なにを選んでも良いわけではありません。塗料の種類によっては、古民家向けではなく、仕方なく価格が高くなってしまうこともあります。

 

透明度の高いものや断熱塗装を選ぶのが無難ですが、木材向けの特別な塗料を使ってもらえる業者がいれば、そこに依頼したほうが自由度が高いです。塗料の選び方は難しいですが、実際に訪問見積もりをしてもらって、どんな塗料が最適かどうか決めてもらえれば間違った塗装をすることはないでしょう。

 

リノベーションに最適な場合もある

リノベーションをする場合、外壁塗装や屋根塗装ができると、外見的な雰囲気は大幅に変化します。家の印象を大きく左右するため、外観を気にする場合は塗装を工夫して古民家の持つ味わいは残しながら、劣化した感じや破滅的な雰囲気をなくして、古い木材や年代を感じるものの良さを出しましょう。

 

ただ、ガサガサしているのではなく、最低限人の手が加わっている美しさが出せるのが古民家リノベーションの良さなので、外壁塗装はプロに任せることを考えてみてください。

 

まとめ

古民家の外壁塗装、屋根塗装は素人がやると怪我や事故を起こす可能性があります。プロに任せて、安全に施工できれば、屋根や壁に穴を開けて工事を増やさずに済むというメリットもあります。古民家リノベーションでは無理はせず、外壁塗装業者を頼るのも大切です。

比較ページへのリンク画像