外壁塗装の相談室

外壁塗装作業にかかる平均期間

外壁塗装作業にかかる平均期間

外壁塗装を依頼すると作業のために一定の期間家の周りに足場が組まれて落ち着かない雰囲気になります。工事中はスタッフが日中常に家の周りに張り付いて作業してくれますが、プライバシーの心配もあると作業が終わるまでの期間も気になるものです。

 

外壁塗装は1週間もあれば終わる

プロの外壁塗装業者に依頼すれば、塗装作業そのものは非常に早く終わります。足場を組むのに1日、洗浄と乾燥に1日、塗装作業に2日程かかって、最後に安全に乾燥させながら塗り具合をチェックし、1日かけて足場を解体していくようになります。

 

約1週間あれば作業が終わりますが、天候が悪く、雨が長続きしていると作業ができないため作業期間は延びてしまいます。しかし、雨の日は作業員は家に来れないのでプライバシーの心配はあまりありません。

 

プロであれば想像以上に早く塗装をしてくれますが、塗料の安全な乾燥には必ず時間がかかるため、1週間は我慢するつもりでいれば問題ないでしょう。心配な場合はカーテンを締めておいたほうがスタッフも安心して作業に集中できるので、家の中があまり外に見えないようにしておきましょう。

 

素人が塗装するとどれくらいかかる?

個人でできる範囲の外壁塗装をすることも可能ですが、安全に塗装ができるのはせいぜい1階部分のみです。塗料をまとめ買いしてあれば少し作業が早くなりますが、それでもマスキングや飛び跳ね防止のための服装、刷毛やローラーの準備と洗浄、塗料缶の処分のことを考えると相当な量の時間が必要です。

 

急いだとしても準備に2日ほどかかり、作業前のマスキングや飛び跳ね防止のために半日ほどは時間が必要です。また、作業後に出るゴミの処分が大変なので、そこに半日かかってしまうでしょう。塗る作業自体は流れ作業なので大変ではないですが、丁寧にゆっくりと塗っていると1日かかってしまいます。

 

作業工程を知ると依頼した方がお得

外壁塗装には、その下準備と塗料缶の処分、余った塗料の処分など意外と細かな作業や準備が多くあります。これらを一般の方がやろうとすると、できないことはないですが、非常に手間がかかり、時間もかかります。もちろんコストは安く抑えられるので、できる方にはおすすめです。

 

まとめ

外壁塗装には早くて1週間、一般人が個人で塗装する場合2週間から3週間くらいはかかってしまうと考えていたほうが良いでしょう。素人の作業では2階部分の塗装ができないため、結局塗装の質を考えればプロに任せるのが一番です。

比較ページへのリンク画像