外壁塗装が必要になる期間

外壁塗装が必要になる期間

外壁塗装が必要になる期間

外壁塗装をしなければいけなくなるまでの期間は、いわゆる外壁の耐用年数や劣化具合によるもので、だいたい3年から5年で塗装の状態をチェックして、塗装の劣化が出始めた時点で一度塗装し直すのが無難です。

 

プロのメンテナンスを受けよう

外壁塗装は雨や風の影響でどうしても劣化してきてしまいます。もちろん、直射日光や砂などの影響で塗装の役目をきちんと果たせない状態になることもあります。まずはあなた自身で外壁を触ってみて、粉っぽいものが手につくかどうかを確かめましょう。

 

また、外壁表面にカビのような汚れやひび割れのようなものができていないかどうか確かめてみてください。外壁劣化の兆候があれば、早めに塗装準備ができて、余計な塗料を使わなくても済む可能性があります。

 

家の壁全面に塗装を施すとかなり高額な料金がかかってしまいますが、部分的な塗装のハゲにだけ塗装するのであればそれほどお金はかからずに済みます。

 

塗装は長持ちするものを選ぼう

きちんとした塗料を使った外壁塗装は、家を建ててからもしばらく劣化することなく、ずっときれいなままでいてくれます。塗料の質によってかなり差があり、外壁塗装、屋根塗装を新たにするときに、安すぎる塗料を使ってしまうと、再度塗装するまでの期間が短くなって、数年で塗装し直さないといけなくなってしまいます。

 

また、外壁の色合いも大切で、直射日光の影響で色あせしやすい配色を選ぶと、劣化による変化がかなり気になってしまうでしょう。できればベージュや白色など劣化や経年変化による差が分かりにくい色を選んで塗装してもらえば、多少色あせがあっても気にならずに外壁管理ができます。

 

屋根塗装も長持ちするものが大切

屋根の表面にもしっかりとした屋根塗装を施しておけば、雨や砂、風に負けない屋根としてずっと家を守ってくれます。家の屋根は雨も直射日光も常に浴びていることになるため、安い塗装を使っているとすぐに悪くなってしまいます

 

屋根塗装は質の良いものに限定して選ぶとトータルコストは抑えて塗装できます。屋根塗装は外壁塗装と同じタイミングで塗装するほうがよいですが、予算の関係で塗装できない場合は外壁塗装だけでも施工してもらうようにしましょう。

 

まとめ

外壁塗装、屋根塗装で使用する塗料は、共に品質の良い塗料を選ぶのがおすすめです。トータルコストで塗料を選び、ただ安い塗装を選ばないようにしましょう。耐用年数が多い塗装を選べば、しばらくは外壁の心配はしなくて済むようになります。

比較ページへのリンク画像